協会概要

1981年、ロジャー・スペリーが「分割脳」の研究でノーベル賞を受賞して以来、ブラックボックスとされていた脳の研究が盛んとなり、脳のしくみが徐々に解明されてきました。

今日では、脳の研究発展とともに、脳のしくみに応じた合理的かつ効果的なトレーニング法「イメージトレーニング」や「メンタルトレーニング」「右脳トレーニング」などが開発され、スポーツ・芸術・教育など、あらゆる分野で取り入れられております。

日本の教育業界の現状は?

しかし、日本の教育業界においては、本来人間の脳の働きを発揮できるような教育ではなく、ただ知識を詰め込むだけの教育がなされているのが現状です。

そのような日本の教育現状をみたとき、私たちの推奨する『右脳記憶教育』は脳の働きをより有効活用して子どもたちが簡単に記憶し、学ぶ楽しさを習得することができるものです。私たちは、『右脳記憶教育』こそが、いまの教育システムを変えるものだと確信し、一般社団法人 日本右脳記憶教育協会の立ち上げに踏み切りました。一人ひとりが本来もっている素晴らしい才能に目覚めることによって、人間力あふれ、人のために、社会のために貢献できる人材育成の一助を担えればと思っております。

一般社団法人 日本右脳記憶教育協会

協会理念

私たちは、右脳記憶教育を通して、すべての人たちに自分の持つ脳力の素晴らしさと無限の可能性を知ってもらい、その脳力を最大に発揮することにより、人生はもとより社会に貢献できる人材育成を目指していきます。

右脳記憶教育を乳幼児期から実践することにより、限りなく脳が活性化され右脳、左脳共にバランスの取れた全脳能力が発揮され、そして、そのことによりすべての子どもたちの夢を叶えられるサポートをします。

協会方針

一. 私たちは、異なる意見や考えを尊重します
一. 私たちは、喜び、楽しさ、嬉しさを多くの人たちと共有します
一. 私たちは、今を感謝して生きる事を誇りとします

協会人材教育

方針

当協会に於ける会員は、皆が財産であることを念頭において教育を進めます。また、会員であると同時に協会内起業家を目指す一人ひとりになって欲しいと願っております。そのことにより自ずと自ら意識をして学ぶことの大切さを知り、知識、情報の獲得に積極的取り組む事となります。

目標

一. 「人を育てる心こそ 我を育てる心なりけり」をモットーとしてみんなが教えることを喜びとして指導者を目指していきます。

一. 協会内に限らず協会外での異業種交流を積極的に企画をして枠を超えた交流を通して、それぞれの成長を目指します。

一. 「駕籠に乗る人、担ぐ人、そのまた草鞋を作る人」をモットーとして、それぞれの立場や職業を超えて関わりを持ちながら、お互いに切磋琢磨し共存共栄を目指します。その中で、それぞれが人脈を拡げて自身の成長を目指していくことを目標とした協会を構築していきます。

お問い合わせはこちら

日本右脳記憶教育協会へのお問い合わせは、各本部までお気軽にお問い合わせください。

LINEで個別相談も受付中。

LINE公式アカウントにお友だち登録するだけで、子育てや教育に関するお悩みを本田 右志代表理事に、無料で相談ができる特別なアカウントです。さらに、あの"七田チャイルドアカデミー"で培った子育てと教育のノウハウや『楽しく学べる教育方法』も定期的にお届け予定です。

\お友だち募集中/