2020.01.06 お知らせ

協会新顧問である入佐美南子名誉教授の作品を紹介します。

①生成2018


作品タイトル:生成2018
サイズ:181.8×227.3cm
素材:キャンバスに油彩、混合技法
第103回二科展出品作品(2018年)

②生成2019

作品タイトル:生成2019
サイズ:194.0×162.0cm
素材:キャンバスに油彩、混合技法
第104回二科展出品作品(2019年)

2019年個展会場

作品テーマ
様々な生命体の根源を考えると、その成り立ちや構造に不思議な魅力と神秘を感じる。変容する細胞の生成はイメージの増殖を与えてくれ、そのイメージの形象をもとに、生命体の神秘を感じさせる、画面構成の構想が広がる。変容する細胞を生命のエネルギーの根源として、空間に生命体が浮遊している状態や、細胞のなかに入り込んだような異空間を表出したい。

JUNKK一社)日本右脳記憶教育協会 顧問
嵯峨美術大学 名誉教授 入佐 美南子

お問い合わせはこちら

日本右脳記憶教育協会へのお問い合わせは、各本部までお気軽にお問い合わせください。

LINEで個別相談も受付中。

LINE公式アカウントにお友だち登録するだけで、子育てや教育に関するお悩みを本田 右志代表理事に、無料で相談ができる特別なアカウントです。さらに、あの"七田チャイルドアカデミー"で培った子育てと教育のノウハウや『楽しく学べる教育方法』も定期的にお届け予定です。

\お友だち募集中/